homeへ
What's Newへ
組合概要へ
業務内容へ
■例01:貯水槽清掃
開発商品へ
活動報告
組合員一覧へ
Q&Aへ
情報のページへ


横浜建物管理協同組合とは


 21世紀は地球そして人類がいかにあるべきかをあらためて問われる時代であろう。私達の祖先は、猿人だった時代から原人.旧人そして新人の現代となっており、今や新人類は変質の時代に入ったといわれております。まさに電脳進化の時代となりました。

  横浜建物管理協同組合は人工環境維持管理に関しては、当業界の第一人者だと認識しておりますが、その事業の基本的な考え方を例えれば、河川の治水について、ダムや護岸工事そして河口堰を造るということはもう過去のこと、その必要適切な対策とは川の源流や沿岸に山野を整えること則ち植林等、森林の整備だといわれております。私どもも、人工(ビル)環境の維持管理とは、先に自然環境が良好であることが必要最低の条件だとの自覚からの出発でなければなりません。組合員もISO14001を集団取得とくし環境にも優しいメンテナンス業務を遂行しております。

  科学の進歩はビルを空高くそびえさせ地下深く構築して、日増しに大型化、超高層化が進んでおります。その上、ビルの頭脳化はそのメンテナンスに豊富な専門知識と高度の技術を必要としております。人工環境管理とは、海中の潜水盤や大気圏外の人工衛星内の空間管理等にも注目をし、人工(ビル)環境並びに都市環境の空間管理担当者としてその先頭を走っております。ビルオーナー様におかれましてはビル管理にそしてキャッシュフローや資産価値維持等、加えて今がアメニティであるために様々な問題をお持ちかと存じます。

  横浜建物管理協同組合は、それぞれの分野を得意とする専門技術企業集団であります。建物管理に必要な設備の管理:美観を保つ為の清掃業務、貯水槽清掃業務、排水管清掃業務、消防設備保守点検業務、警備業務、衛生管理業務(ねずみ、ゴキブリ、白アリ等の害虫駆除)、建物やマンションの修繕計画等のご提案及び管理業務、空気環境測定業務を得意としています。私どもは業界をリードし、世界に互して最高のサービスを提供出来るものと自負いたしております。

  どうぞ、お気軽にご相談下さい。きっとお役にたつものと確信いたしております。


Back| Home| What's New組合概要業務内容開発商品活動報告組合員名簿Q&A情報のページ


Copyright (C) 2000.hamakankyo. All Rights Reserved.