ビルメンテナンス

横浜建物管理協同組合は
管理する施設に安全と快適さをお届けします

みなとみらい

日本郵船氷川丸

マリンタワー

新港パーク

横浜建物管理協同組合とは

横浜建物管理協同組合は1983年に創立、横浜市中区蓬莱町に事務局を置く、中小企業等協同組合法に則った同業種の事業協同組合です。
 当組合は組合員のための共同事業を行い自主的な経済活動を促進し、その経済的地位の向上を図ることを目的に、相互扶助の精神の下に活動しています。
 サービス提供のために必要な各種資格、許可および認定を取得、法令等を遵守し管理する施設に安全と快適さを提供しています。
 地域社会に融和するため、積極的な社会貢献活動を実施するとともに情報開示や地域社会とのコミュニケーションに努めています。
 そして、それぞれの分野を得意とする専門技術企業集団であり、最高のサービスを提供することを理念としています。顧客満足と信頼を得るために、そして環境への配慮と要求事項への適合を確実にするために、継続的な改善により品質向上を目指す事業活動を行います。
 その上には、地球環境問題の重要性も認識し、十分な配慮と対応に努めています。

横浜建物管理協同組合は官公需適格組合です。

官公需適格組合制度とは、国や自治体等が発注する業務(工事・役務・物品)の受注に意欲的な組合で、財務・体制・運営面で必要な基準を満たし、受注した業務の責任ある履行が可能な組合を中小企業庁が証明する制度です。この制度は、契約された業務の品質の確保と地域を支える中小企業に活力を与えることを目的としています。

官公需適格組合行動憲章

官公需適格証明書2
  1. 官公需適格組合は、組合員企業の経営の安定と組合の受注能力の向上に努める。
  2. 官公需適格組合は、地域社会に融和し愛される組合であり続けるため、
    積極的な社会貢献活動を実施するとともに、情報開示や地域社会とのコミュニケーションに努める。
  3. 官公需適格組合は、官公需をはじめ、あらゆる発注に関して、適正価格での受注に努める。
  4. 官公需適格組合は、地域環境問題の重要性を認識し、循環型社会の実現、
    CO2排出削減等に対して十分な配慮と対応に努める。
  5. 官公需適格組合は、IT化、技術開発、品質の向上、コスト縮減など経営革新に努める。
  6. 官公需適格組合は、組合員企業の雇用の確保と従業員の技術・能力の向上等を支援し、
    安全で働きやすい労働環境を確保し、ゆとりと豊かさの実現に努める。
  7. 官公需適格組合は、法令を遵守するものとする。

横浜建物管理協同組合は
横浜型地域貢献企業として認定されています。

横浜型地域貢献企業とは

横浜型地域貢献企業_認定書2

・地域や社会を意識し
・地域貢献の視点を持って社会的事業に取り組み
・地域と共に成長・発展を目指す企業

<社会的事業の例>
 子育て環境の整備、障がい者雇用、防災・災害対策、
 地域活動への参加、高齢者の生きがいづくりなど

横浜建物管理協同組合 CSR方針

  1. それぞれの得意とする分野を有する専門技術集団であり、最高のサービスを提供します。地域社会に融和し愛される組合であり続けるため、管理する施設に安全と快適さを提供いたします。
  2. 当組合は、組合員の経営の安定を図るために、共同受注事業活動を積極的に行い、経済的地位の向上を目的に、相互扶助の精神の下に活動しています。共同受注活動においては、あらゆる発注機関の受契約には適正価格での応札に努めます。
  3. 管理する施設に安全と快適さを提供し続けるために、必要な各種資格、許可および認定を取得、法令等を遵守しサービス提供を行っています。
    その上に、積極的な社会貢献活動を実施すると共に、情報開示や地域社会とのコミュニケーションに努めます。
  4. 当方針には目的および目標となる事業計画を定め、実行いたします。その計画には、目標及びその担当責任者が明記されています。
  5. 顧客満足の向上を目指し、地域および環境への配慮と要求事項への適合を確実にするために、CSRマネジメントシステムの継続的改善を行い事業計画を定め組合活動を行います。
  6. この方針は、組合員および事務局職員には、事務局内の掲示板に開示して周知を図ります。
    また、外部に対しては、HPに掲示して公示します。

トピックス

2017.02.08    第27回ビルメンフェア

2016.11.07    清掃技術研修会 

2016.04.19    清掃作業従事者研修会並びに技能研修会